翻訳マシーンについて

翻訳といえば、以前はその道のプロが自分の経験や情報収集力を活かして行うものでした。
しかし、最近では翻訳のためのソフトウェアを使って、まずは機械翻訳にかけてからそれを手直しする、という手法を取っているプロの方も多くいます。
機械翻訳も以前は少し複雑な文章を入れるとまるで意味不明な訳文が出てきましたが、今では本格的な翻訳ソフトだけでなくネット上の無料翻訳も精度を上げてきていてます。

スマートフォンにも音声で簡単に翻訳ができる機能などもあり、最新のIT技術を使えば外国語がまったくダメでも海外とやり取りをすることができそうです。
外国人と話し合うには基本的に英語などの語学力は必須です。
海外と取引のあるグローバル企業ではある程度外国語のできる人材を揃えていますし、契約書などは決まったパターンが多いのでそこまで苦労はないと思います。
ただし個人の場合だと日常でそこまで外国人と会話することを意識しなくても問題ありません。実際、精度のいい翻訳ソフトもあるわけですし、そういう機械さえあれば何も問題ないとまで言っている人もいます。

しかし本当にそうでしょうか。
いくらITを駆使して手軽に正確に翻訳しても相手は人間です。
無機質な訳文が出た機械をさあどうだと見せられて自分がどんな気分になるでしょうか。一時のことならまだしも、いつもそんな事をしていれば自分を人間扱いしていないと思われてしまいます。
外国語が上手下手の問題ではなく、人間対人間のコミュニケーションとして自分の言いたいことを伝えようとする気持ちが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です